後悔しないフォトウエディングとは?結婚写真の選び方のキホンを徹底解説!

Share on facebook
Share on twitter

近年、結婚式をせず、身内だけの食事会などで済ませてしまう方が増えています。

その分、
「憧れのドレス姿は叶えておきたい」
「写真にきっちりと残しておきたい」
といった需要が増えています。

でも、せっかくの機会なのにとりあえず写真を撮るだけでは物足りないですよね?
そこで、今回は後悔しない、大満足のフォトウエディングを叶えるための注意点をご紹介していきます。

フォトウエディングとは?

フォトウエディングは「挙式や披露宴をせず、ウエディングの衣裳を着て記念に写真を残す」結婚のスタイルのひとつです。
結婚式場ではなく、写真スタジオやドレスサロンに直接お願いをして撮影することが多く、
「写真だけの結婚式」
「フォト婚」
といった呼び方もされます。

フォトウエディングの相場

香川県内のフォトウエディングの相場は10万円~15万円程度。
スタジオで数枚の写真を撮影するだけなら5万円~10万円程度で叶えられる写真館もあるようです。
ここで注意したいのがプラン内容。
安いように見えて、結局後で追加料金が発生する可能性もあるので事前にきちんと確認しておきましょう。

価格を気にしすぎると失敗する?

できるだけ価格は抑えたいという気持ちがあるかもしれません。
しかし、フォトウエディングの撮影も、ただ記念写真を撮るだけではなく、素敵なウエディングの思い出のひとつ。
少しお金をかけてでも撮りたい写真を撮影することをおすすめします。

フォトウエディングのプラン選びのポイント

フォトウエディングのプランを選ぶにあたって注意しておきたいポイント。
それは、どんな衣裳を着て、いつ、どこで、どんな写真を撮影するかです。
項目ごとに詳しく説明するので、自分達のイメージに置き換えながらチェックしてみてください。

和装か洋装か、色やデザインなどをイメージする

まず、どんな衣裳を着たいかがフォトウエディングにおいて重要なポイントとなります。
ウエディングドレスやカラードレス、白無垢や色打掛など、ウエディングの衣裳にはさまざまな種類があります。
フォトウエディングでは、ドレス1着、もしくは2着、和装を着たい場合、和装1着、もしくはドレスと和装を1着ずつというのが一般的。

費用面も計算しながら、どんな衣裳を着て撮影したいのかをある程度決めておくことをおすすめします。

季節や時間帯で写真のイメージが変わる?

フォトウエディングにロケーション撮影を取り入れたい場合、季節や時間帯の調整も必要です。
桜、新緑、紅葉など、季節の彩りはそのシーンを美しく演出してくれる要素のひとつ。
お気に入りの衣裳を着て、素敵なロケーションをバックに撮影をすれば、テンションが上がること間違いなし。

時間帯も、サンセットだけでなく、午前中と午後の撮影でも雰囲気が変わってきます。
実際に撮影されている先輩カップルの写真なども参考にしながら、自分達ならどんなシーンを残したいのかを検討してみましょう。

ロケやスタジオで素敵な写真を残す

「どこで」撮影するかによって、写真の雰囲気は大きく変わってきます。
ドレス姿をきっちり残したい場合はスタジオもおすすめですが、ウエディングドレスを身にまとって美しい景色をバックに撮影するロケーションフォトはスタジオとはまったく違った雰囲気を作り出すことができることが大きな魅力。

和装との雰囲気にマッチする神社や日本庭園に足を運んで撮影することで、映画のワンシーンのような1枚を叶えることも可能。
香川県内には美しい海や山、伝統的な建物など、フォトジェニックなスポットが豊富にあります。
先輩カップルの写真なども参考にしつつ、衣裳と風景がマッチする場所を選んでいきましょう。

どんな写真を残したいか

ただふたりで並んで立っている写真ばかりを残しても仕方ないですよね?
もちろん、撮影ではプロカメラマンがシーンやポーズを指示したり、構図を考えたりしながら最良の1枚が残せるよう考えていきます。
でも、出来上がってから「こんなシーンも残しておけばよかった」とか、「やっぱりこんなポーズも撮ってくださいって言っておけばよかった」といった後悔はしてほしくありません。
打ち合わせの時はもちろん、撮影中でも現地の雰囲気に合わせたイメージがあれば気軽に声をかけてみてください。

フォトウエディングでは、アイテムを使った写真も少なくありません。
フォトプロップスやガーランド、イニシャルオブジェといった定番のアイテムから、フォトフレーム、エンゲージリングまで、アイテムの使い方は自由自在。
カップル様の思い出のアイテムを撮影に持ち込んでももちろんOKです。

フォトウエディングを素敵な思い出に

フォトウエディングは結婚式をしない人が代わりに写真だけ残すものというイメージがあるかもしれませんが、実際にはそれだけではありません。
例えば、ウエディングドレスを着て、キラキラ光る海を背景に写真を残せば、アルバムを開くたびにその1日が頭の中によみがえってきます。
家族を招いて撮影に参加してもらえば、ふたりだけでなく家族も一緒に楽しめる思い出になります。

フォトウエディングの撮影を通して、おふたりがずっと大切にしたいと思えるような1日にしませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Scroll to Top